読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ABI BATTLE

見た映画の記録やゲームについて。ネタバレあり。

「遊☆戯☆王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS」みてきた

映画

f:id:abgl:20160531211109j:plain

遊戯王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS

劇場鑑賞

 20周年記念作品!

 

当時、王国編で読み始めてはまりコミックスは全巻そろえた。

文庫版まではさすがに買わなかったが、カードにはまったりゲームにはまったり感慨深い作品。

 

原作者高橋和希が関わってる・原作の後日譚、こりゃ見ないわけにはいかないでしょう。

 

基本的に懐かしさもあって楽しかった。

突っ込みどころももちろんあるけど、遊戯王にはつきもの。カードしてたら世界が滅びそうになるのももちろん!

 

原作読んでる側からすると

シャーディーのフルネーム

・獏良父登場、ついでに獏良とシャーディーのつながり

・高校卒業後の進路

・御伽もでてくる!

bakura - Google 検索

このあたりは熱かった!
シャーディーの時間軸がすごいうやむやになりそうだけど、あいつもう何でもありそう(笑)
 
逆に惜しかった点は
・方界獣よくわかんねえ
・次元デュエルの意味がほとんど無い。精神力で能力が決まるとかいいつつ、皆フルスペック
・時間が長い。後半カード説明かなり急ぎ目にしてたけど2時間30分は中々
・舞さんはでない
 
原作よりアニメからの続編といった部分が強い物の本当に見てよかった映画。
海馬君のメンヘラストーカー感も逆にかっこよく見えてしまう。
特に最後のシーンはいいね。
 
正直カード目当てのお客さんばかりなんだろうなって思ってたけれども
ちゃんと見てる人も予想より多かった。
 
レディースデーに見たのもあってか女性客も多く、改めて遊戯王という作品のすごさを実感出来た気がする。
自分の知らない遊戯王の世界があって、嬉しくも寂しくもある。
 
映画見た後カードパック買いそうになったよ。
罠モンスターだいぶふえたね!